<< メヌエット | HOME | 「留学」のつづき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
留学
  ウイッツ

ペコちゃんのプロフィール

  • 出身:地球上のどこかにある夢の国
  • 名前の由来:仔牛を表す東北方言「ベコ」から。舌なめずりをしているところから、「腹ペコ」から由来したという説は誤り。
  • 年齢:永遠の6歳 - 1950年(昭和25年)生まれ。
  • 性別:女の子
  • 身長:100cm
  • 体重:15kg
  • 体形:バスト58cm、ウエスト55cm、ヒップ63cm
  • 好きな遊び:野球、ホッピング
  • 好きな動物:子犬

 

 先日、ウイッツの塾生3人がホームステイを終えてカナダから帰国しました。

「どうだった?」と尋ねると、

「楽しかった!」と、みなさん答えてくれました。

まだエピソードなどは聞けていません。今後の楽しみにしておきます。

 

今日は私の留学時の出来事の一部を書きます。あまりにありすぎて何から書いてよいのかわかりませんが、とりあえず、最初の1週間の様子を書きます。ちょっとくだらないです。

 

ワシントンDCで入国の手続きを終えた私は、そのまま飛行機を乗り継ぎノンフォークというところへ行く予定でした。チケットにGate7とあったので、7番ゲートに行ったのですが誰も客がいません。カウンターにひとり係りの人がいたので、

「ここで正しいのか」と尋ねると、

You have a pen?」と、その女性は言いました。少なくとも、そう聞こえました。

なるほど「変更内容を紙に書いてあげるわ」ということか、と察した私は、すかさず胸につけていたボールペンを取り出し彼女にさしだしました。しかし、カウンターにいる職務中の係員がボールペンを所持していないことなどあり得ません。彼女は横に首を振り、

You   have   ten.(あなたのゲートは、10番ゲートよ)」と、ゆっくりリピートしてくれました。わたしは、1秒ほど固まった後に差し出したボールペンをひっこめました。1ヶ月間の駅前留学NOVAは何であったのでしょうか。pen ten の区別もつかなかったし、肯定文を疑問文と勘違いしていたし、私は完全に自信を失ってしまいました。

 

つづきは後日…

| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://wits-sanuki.jugem.jp/trackback/22
TRACKBACK



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode