スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
「留学」のつづき
 真夜中、冷たい青色のランプが点滅しています。


 私は一瞬にして緊張感に包まれました。車をわきに止め、窓を開け、両手を前に突出し、頭を下げ、そして誰かが近づくのをじっと待ちました。私は、窓から車の中を覗き込む男にジャケットの内側を見せ、何の武器も所持していないことを示しました。



 それくらいアメリカの警察に対し慎重に対応しました。B氏にそのようにアドバイスを受けていたからです。私は交通違反でその警察官に違反のチケットを切られました。


 
 翌日、B氏の所へ行くと、そこに日本人のH君もいました。二人に前日のことを話すと、H君が、
「奇遇ですね、鈴木さん(私のこと)。」
と、メガネの奥の目を大きく開いて、なんだか嬉しそうに話し始めました。
「僕も先日スピード違反で捕まったのですよ。でもね、鈴木さん。ここはアメリカなのですよ。」
再び大きく目を開きます。
「アメリカは何でも裁判で権利を訴えることができるのですよ。ここを見てください。」
警察官に切られた違反のチケットの裏を見せます。
「不服があれば裁判所に来いと書いてあるでしょう。」
確かに書いています。でも、珍しいことでもないように思えます。H君は大きく胸を張り、
「鈴木さん、僕は裁判に行きますよ!」
と、誇らしそうに宣言しました。
「よせばいいのに」
とすぐに思いましたが、止めることができませんでした。B氏もうつむいたまま、時に首を横に振っていました。日本語でのやり取りでしたが、見た目で会話の内容がわかったのでしょう。
「裁判に勝つには、何か違反に対する弁明がいるのでは?」
と、私が尋ねると、H君は、
「いいのがあるのですよ」
と言いながらメガネの位置を変え、そして、
「鈴木さん、一緒に行きませんか?」
と、誘ってきました。


 
 私達が行った裁判所では、法廷でのやり取りが廊下に音声で流されます。私達はそのやり取りを静かに聞いていました。やがてH君の名前が呼ばれると、彼は不敵な笑みを浮かべながら
「まあ、聞いていてください、鈴木さん。」
と私に言い残し、法廷へ入って行きました。そして、いくつかのやり取りのあと、ついにH君が無罪を訴えるシーンとなりました。
「いいのがある…」
確かに彼はそう言っていました。なぜか彼は最後までそれを私に言いませんでした。いったいどんな言い訳が用意されているのか。私は耳を澄まして彼の弁明に注目しました。




「運転中に急にお腹が痛くなりました。」
確かに彼の声です。私は耳を疑ってしまいました。
「そして、トイレに行きたくて我慢できなくなりました。」
やはりトイレを理由にしています。
「その後トイレのある場所を探すことに集中してしまい、スピードメーターを見る余裕も無くなってしまっていたのです。」
絶望的です。
「だから、スピードオーバーしてしまいました。」
何をしにここへ来たのでしょうか。
「カーン!」
と、木槌の音が鳴り、その直後に判決が言い渡されました。

「有罪!」
判事の大きな声が、廊下に響きました。

 
 
| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
高松北中学校へ合格おめでとう!
 今年の高松北中学校の受験では、受験生8名が全員合格いたしました。本当に嬉しかったです。みんな、がんばってくれてありがとう。そして、おめでとう!!!
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0)
「留学」のつづき
 アメリカに到着して1週間後、私はついに寮に入ることができました。語学スクールにも通い始め、そこで友達もできました。日本人の知り合いもできました。しかし、私が最も頼りにしていたのは、その日本人の知り合いから紹介してもらった香港系アメリカ人でした。
 
 私のいたバージニア州では車がないと大変不便なところでしが、そこで私はB氏(その香港系アメリカ人)に、
「免許を取って車を持ちたい」
と、言いました。B氏は、
「シュンジ(私のこと)、まず車を買いにいかなければならない」
と、とても真剣なまなざしで私に言います。B氏は、たいしたことでもない場面でも真剣なまなざしで話をすることが多いのです。まるでカメラを意識している俳優のように。といっても、あくまでも香港映画の俳優のようにですが。
「シュンジ、それからその車を持って免許書センターへ行かなければならない」
と言うので、
「免許も無いのにどうやって車を運ぶの?」
と、聞き返すと、
「本当はダメだが、みんな車を(免許も無いのに)勝手に運転していくのさ」
と答えます。
「この偽香港スターの言うことをどこまで信じていいのか…」
と、疑いましたが、あの真剣なまなざしがその疑いを追い払ってしまいます。
「で、免許取るのに何日かかるの?」
と尋ねると、
「何日?…半日もかからないよ…」
と言います。
「運転の訓練はしないの?」
と更に質問を続けると、
「自分で練習してからいくのさ」
と、答えが返ってきます。
「免許が無いのに勝手に車を運転していいのかい?」
最後にそう聞くと、
「みんなそうしているさ」
と、少し乱暴な答えを返してきました。


 ところが実際に日本と比べれば考えられないくらい簡単に短時間でしかも安く免許が取れました。そして、私はどこへでも自由に移動できるようになりました。寮を出てB氏の実家の近くにアパートを借り、B氏のお父さんが経営する(B氏も手伝っている)中華料理の店に入り浸るようになりました。 

「いつもありがとう。何かお礼がしたい。日本製品で欲しいものはないか。」
私が聞くと、B氏は例のすました顔で、
「シュンジさん、俺たちはともだちです」
と、ここまでは覚えたての日本語でゆっくりと言い、
「助けるのは当たり前さ」
と、残りは英語でペラペラっとしゃべりました。ここまではいつものクールなB氏ではありましたが、しかしその後少し様子が違いました。
「一つだけ…いや、気にしないで…」
どこかモジモジしています。
「ハッキリと言いなよ」
と、私がプッシュすると、ついに本音を言い始めました。
「…日本人の彼女が欲しい…」
信じられないくらい真っ赤な顔をしていました。
「いや、気にしないで…」 

 
 もちろん、その時私は想像すらしていませんでした。まさか、B氏がその後に紹介した日本人女性とお付き合いを始め、そして間もなくその女性とアメリカで挙式を挙げ、ついには日本に移り住むことになるとは。いや、B氏にはそれが想像できていたのかもしれません…。

 
 
| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
「留学」のつづき
 セブンイレブンを見つけた時に、その近くにマクドナルドがあることも確認していました。外観は日本のマクドナルドのそれとほとんど変わりありませんでした。だから私は親しみを感じながら店内に入って行きました。しかしレジを見ると、なんとさっきの黒人女性がいるではありませんか。…いや、少し違います。ええ、よく見ると全然違います。ところが、私はすでにまた例の鼻の穴の中の暗闇に吸い込まれそうになっていました。これはきっとトラウマにちがいありません。
「何にしますか?」
と、けだるそうに彼女は私に声をかけてきました。
「バニラ(アイス)をお願いします」
と、注文すると、
「はあ〜?」
と、返されました。私は昔日本がアメリカに占領されたことを無意識に思い起こしていたかもしれません。妙な敗北感に浸っていました。
「英語が通じないのか、それともなめられているのか…」
と、心の中でぼやきながら、それでも諦めずに
「バニラください…」
と、恐る恐る再び注文したのですが、
「ああ、わかりました」
と、今度はまともな返事が返ってくるではありませんか。
「バニラはいけるな」
私は一つアイテムを手にした気分でした。
「ひとつひとつ学んでいけばいい。」


  私は商品を受け取り、窓際の席に向かいました。周りの人は、東洋人がいるからといって気にかけている様子もありませんでした。私は席に着くと何気にカップをつかみ、そしてゆっくりとバナナシェークを口にしました。
「今度はバニラがバナナか。でも、さっきよりましか…」
私は再び敗北感に浸っていました。
 

 
| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
「留学」のつづき
 
 春休みで清掃中の学生寮には入ることができませんでした。私は仕方なく近くのホテルに1週間ほど滞在することにしました。
ホテルの人たちは皆優しく、私の未熟な英語が引き起こすトラブルを少しも嫌がりはしませんでした。フロントでひと通り説明を受けた私は自分の部屋に入り、荷物を簡単に片づけた後、大きなベッドの上で大の字になりました。少しさびしさを感じていましたが、なぜか落ち込んではいませんでした。というよりも、落ち込まないように何も考えないようにしていたのかもしれません。そのまま私は何時間眠っていたのでしょうか。起きた時には次の日の昼でした。しばらく食事をしていないのに、なぜか空腹感がありませんでした。シャワーを浴びて着替えたあと、ソファーにもたれてしばらく壁を眺めていました。
「この部屋にいる限り何も起こらない…」
自分で自分を閉じ込めているような窮屈な感じと、その部屋が与えてくれる安心感が、妙な形で共存していました。

 
 「いつまでもホテルに閉じこもっていては…」
やはり私は少し外を散歩することにしました。フロントの人に話しかけられないようにさっさとホテルの外に出ていきました。なんだか自分が子どもみたいに思えて恥ずかしかったからです。頼れる知人はいない。かといって他人にあれこれ尋ねるほどの英語力もない。何も起こらないことを心のどこかで祈っていました。

 
 セブンイレブンを見つけたので、タバコを買いに店に入りました。レジにいたのは体格の良い黒人の女性でした。
「キャメル(日本でも売られている銘柄)ください」
と注文すると、彼女はあごを突き出した状態で、しばらく私をただじっと見ていました。彼女の大きな鼻の穴の中の暗闇に吸い込まれそうになりながら、私は現在何が起こっているのか分析していました。
「この人よそ者が嫌いなのか?」
そう思った瞬間、彼女は機敏な動きで後ろの棚からタバコを取り、私の前にそれをパーンと叩きつけました。おそらく、
「この東洋人、何を言ってるんや。タバコが欲しいのかな。何のタバコやろ。聞き直すのも面倒くさいな。ええい、これでどーや!」
と、いったところだったのでしょう。
私はお金を払い、叩きつけられたケント(タバコ)を持って外に出ました。
「キャメルがケント。キャメルがケント…」
少し肩を落としたまま、次なる修羅場へ向かいました。  
 

 
| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
「留学」のつづき

  ノンフォークに着いた私はイエローキャブを利用しました。後部座席に座りましたが、早くも日本ではありえない物を見ることになりました。運転席が金網で守られていることや車自体が妙に頑丈にできているのも不気味でしたが、フロントガラスに弾丸が貫通した跡が残っていることに一番のショックを受けました。ちょうど運転手の頭を狙ったように穴が開いていたのです。

「あなたが運転していたのですか?」と聞こうと思いましたが、「それなら今ここにはいないだろう…」と思い、質問するのをやめました。

「お客さん、着いたよ」

私は無事に留学先のODUという大学に到着しました。わたしは、大学の寮に入る予定でした。その大学にも留学生を世話するスタッフが常時いると聞いていたので安心していました。わたしは、荷物があるので、とりあえず寮の事務所に行き手続きを済ませようと考えました。荷物をどこかで管理してもらわないとどこにも移動できません。しかし、寮の事務所には誰もいませんでした。ドアには鍵がかかっていました。それどころか、周りには大学生の姿が全く見当たりません。急に不安になりました。「事務所に私のことが伝えられていないのでは」「同名の大学があり、違う方に来てしまったのでは…」私の頭は無駄な空想でいっぱいでした。

 多くの荷物を抱えたまま、私は大学の事務所の方へ移動しました。さすがにそこには何人かの職員がいました。しかし、妙にひっそりとしていました。なんとか用件を伝えたのですが、意外な言葉が返ってきました。

「今は春休み中です」「あなたは1週間早く来てしまったようです」「寮は現在清掃中で誰も使えません」

私は予約なしで放浪するただの旅行者状態になってしまいました。

「自分で宿を探せということですか」と尋ねると、

「そういうことになります」「ホテルを探すのでしたら、あっちの方角に一つあります」と、困った様子で答えてくれました。

 外に出ると、夕日が私を斜めに照らしました。私は気を取り直して、ホテルを目指して歩き始めました。

 

続きは後日…

 

| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
留学
  ウイッツ

ペコちゃんのプロフィール

  • 出身:地球上のどこかにある夢の国
  • 名前の由来:仔牛を表す東北方言「ベコ」から。舌なめずりをしているところから、「腹ペコ」から由来したという説は誤り。
  • 年齢:永遠の6歳 - 1950年(昭和25年)生まれ。
  • 性別:女の子
  • 身長:100cm
  • 体重:15kg
  • 体形:バスト58cm、ウエスト55cm、ヒップ63cm
  • 好きな遊び:野球、ホッピング
  • 好きな動物:子犬

 

 先日、ウイッツの塾生3人がホームステイを終えてカナダから帰国しました。

「どうだった?」と尋ねると、

「楽しかった!」と、みなさん答えてくれました。

まだエピソードなどは聞けていません。今後の楽しみにしておきます。

 

今日は私の留学時の出来事の一部を書きます。あまりにありすぎて何から書いてよいのかわかりませんが、とりあえず、最初の1週間の様子を書きます。ちょっとくだらないです。

 

ワシントンDCで入国の手続きを終えた私は、そのまま飛行機を乗り継ぎノンフォークというところへ行く予定でした。チケットにGate7とあったので、7番ゲートに行ったのですが誰も客がいません。カウンターにひとり係りの人がいたので、

「ここで正しいのか」と尋ねると、

You have a pen?」と、その女性は言いました。少なくとも、そう聞こえました。

なるほど「変更内容を紙に書いてあげるわ」ということか、と察した私は、すかさず胸につけていたボールペンを取り出し彼女にさしだしました。しかし、カウンターにいる職務中の係員がボールペンを所持していないことなどあり得ません。彼女は横に首を振り、

You   have   ten.(あなたのゲートは、10番ゲートよ)」と、ゆっくりリピートしてくれました。わたしは、1秒ほど固まった後に差し出したボールペンをひっこめました。1ヶ月間の駅前留学NOVAは何であったのでしょうか。pen ten の区別もつかなかったし、肯定文を疑問文と勘違いしていたし、私は完全に自信を失ってしまいました。

 

つづきは後日…

| 回想録 | comments(0) | trackbacks(0)
メヌエット
ウイッツ 

今日もつまらないテーマですが、よろしければご覧ください。


(すみません)ほとんどの方が関心ないと思いますが、私は小学生の時に

「なぜ、ビゼーは(メヌエットを作曲するときに)あのようなオーケストラ(後半の部分)を入れたのだろう」「あのやさしいフルートの音色に似合わないのでは」

と子ども(素人)なりに疑問に思いました。

「まだ子供だから理解できないのだろうけど…」

と自分に言い聞かせましたが、クラシックに全く関心がなかった私が唯一音楽の授業の時に知りたいと思ったことでした。いっそうのこと後半のオーケストラの部分をカットしてみたらどうかと勝手に思ったりもしました。後にオーケストラなしのメヌエットを聞きましたが、あまりよくは感じませんでした。(メヌエットが生まれた)当時のことを学んでいれば、少しは理解できていたかもしれませんが…。

 

『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、こう書かれています。
 (一部略してます)

 

アルルの女』は、ドーデの戯曲。その上演のためビゼーが全27曲の不随音楽を作曲しており、ここから編まれた2つの組曲が広く知られている。


 『アルルの女』のあらすじ


 南フランス豪農の息子フレデリは、アルルの闘牛場で見かけた女性に心を奪われてしまった。フレデリにはヴィヴェットという許嫁がいるが、彼女の献身的な愛もフレデリを正気に戻すことはできない。日に日に衰えていく息子を見て、フレデリの母はアルルの女との結婚を許そうとする。それを伝え聞いたヴィヴェットがフレデリの幸せのためならと、身を退くことをフレデリの母に伝える。ヴィヴェットの真心を知ったフレデリは、アルルの女を忘れてヴィヴェットと結婚することを決意する。2人の結婚式の夜、牧童頭のミティフィオが現れて、今夜アルルの女と駆け落ちすることを伝える。物陰からそれを聞いたフレデリは嫉妬に狂い、祝いの踊りファランドールがにぎやかに踊られる中、機織り小屋の階上から身をおどらせて自ら命を絶つ。

ビゼーの作曲した付随音楽

作曲期間が短く、また契約の関係で極めて小編成のオーケストラしか使えなかったため、作曲には大変苦労したという話が伝わっている。初演の評価は芳しくなかった。6年後に再演された時は大好評のうちに迎えられたが、その時すでにビゼーはこの世の人ではなかった。

一般に知られているのは、演奏会用に劇付随音楽から数曲を選んだ組曲である。

2組曲

ビゼーの死後、友人エルネト・ギローの手により完成された。ギローは管弦楽法に長けており、「アルルの女」以外の楽曲も加えて編曲した。

2組曲 第3曲「メヌエット

アルルの女といえば、この曲と連想されるほど有名な曲であるが、実はビゼーの歌劇『美しきパースの娘』の曲をギローが転用、編曲したものである。フルートとハーブによる美しい旋律が展開される。

 

 

今改めて聞くと、後半のオーケストラの部分もいいかも、と感じます。

 

 





| コラム | comments(0) | trackbacks(0)
洗濯ものが乾かない・・・
ウイッツ 
東部運動公園?


 なんだかジメジメしていて過ごしにくい気候に感じます。こんな時に、車のキーを無くしてしまいました。スペアーキーも見当たりません。キーの無い車…。

ところで、こんなこともあり得ます。夜に車の中で探し物をします。そして、キーを車の中に忘れ、しかも電気を消す忘れます。次の日、バッテリーがあがり自動的にロックがかかります。すると、ロックがかかった上にキーは車の中です。もちろん、スペアーキーがあれば問題ありません。それにキーを車の中に忘れることなどまずないでしょう。しかし、起こりえます。

車がつかえないと、ひとつだけ良いことがあります。単純ですが、歩く量が増えます。でも、これくらいじゃ、おなかが引っ込む気はしません。やはり、来週からは車を使うことになりそうです。くだらないことばかり書いて申し訳ありません。


 もうすぐ、進研模試ですね。模試を受ける高校生はがんばってください!



『香川県さぬき市にある塾【進学教室ウイッツ】は、小学生・中学生・高校生を対象とし、個別指導・少人数制集団授業を行なっております』
詳細はホームページにて
http://www.wits-sanuki.com/












| 志度の周辺の風景とウイッツ | comments(0) | trackbacks(0)
体調いかがですか?
ウイッツ ある団地の公園



 時間帯によっては「さむっ」と感じます。体調はいかがですか。

 ところで、団地や住宅街の一角に時々公園が見えます。「あそこで遊ばせたいなあ…」と、よく思いますが、そこの住民でないので、さすがに遠慮します。でも、誰も使ってなくてもったいない!と感じたりもします。今日は、親戚の家の近くの公園に侵入。やはり、誰もいない。つかわせていただきまーす!!





『香川県さぬき市にある塾【進学教室ウイッツ】は、小学生・中学生・高校生を対象とし、個別指導・少人数制集団授業を行なっております』
詳細はホームページにて
http://www.wits-sanuki.com/












| 志度の風景とウイッツの様子 | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode